1. ホーム
  2. 話題
  3. つきたての餅に舌鼓 児童養護施設で恒例餅つき大会

つきたての餅に舌鼓 児童養護施設で恒例餅つき大会

話題 神奈川新聞  2020年02月16日 05:00

餅をほお張り、笑顔を見せる子どもら=鎌倉児童ホーム
餅をほお張り、笑顔を見せる子どもら=鎌倉児童ホーム

 鎌倉市佐助の児童養護施設「鎌倉児童ホーム」で15日、恒例の餅つき大会が開かれた。三浦半島地域連合と三浦半島労福協の共催で、参加した約150人につきたての餅やおこわが振る舞われた。

 同連合に加盟する組合が育てたもち米約60キロを使った餅やおこわを、子どもたちは「おいしい」「柔らかい」などと口にしながらほお張っていた。

 施設では、3~19歳の男女61人が生活している。この日は、県労福協もフードバンクかながわ(横浜市金沢区)を通じ、みそや菓子などの食材を提供。施設長の秦晴彦さんは「施設以外の社会と交流し、子どもたちにとって楽しい場になった。食材も有効活用していきたい」と話した。

 餅つき大会に先立ち、同連合などは鎌倉市役所やJR鎌倉駅の周辺を約1時間、清掃。組合員らは空き缶やプラスチック容器などのごみを回収した。


小町通り周辺などでごみを回収する組合員=鎌倉市内
小町通り周辺などでごみを回収する組合員=鎌倉市内

シェアする