1. ホーム
  2. 経済
  3. 優秀作品79点 アマダスクール板金技能フェア

3月17日に見学会
優秀作品79点 アマダスクール板金技能フェア

経済 神奈川新聞  2018年03月10日 09:09

厚生労働大臣賞に選ばれたワールド山内の作品
厚生労働大臣賞に選ばれたワールド山内の作品

 職業訓練法人アマダスクール(伊勢原市)は5日までに、「第30回優秀板金製品技能フェア」の優秀作品を発表した。国内外の企業・学校などから268点の応募があり、技能賞以上の優秀作品に79点が選ばれた。

 フェアは板金加工技術・技能の向上を図る目的で1989年に創設。単体品、組み立て品、高度溶接品、造形品、学生作品の5部門で募集し国内164点、海外15カ国104点が集まった。今回30回目を迎えるに当たり、新たに「県知事賞」など3つの賞が加わった。

 厚生労働大臣賞にワールド山内(北海道)、経済産業大臣賞にシンエイメタルテック(佐賀県)、県知事賞にナサ工業が選ばれた。

 応募作品の一般向け見学会が17日、アマダ・ソリューションセンター(伊勢原市石田)で開かれる。午前10時から正午まで。入場無料。要申し込み、定員20人(近隣住民優先、応募多数の場合抽選)。はがきに、郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、年齢、続柄、電話番号、職業(所属先)を明記し、〒259-1196、伊勢原市石田200、アマダホールディングス広報グループへ。13日消印有効。public-relations@amada.co.jpでも受け付ける。問い合わせは、アマダ広報室電話0463(96)3105。


シェアする