1. ホーム
  2. 話題
  3. 路線バス運行中の津波警報想定し避難訓練 葉山町など

路線バス運行中の津波警報想定し避難訓練 葉山町など

話題 神奈川新聞  2018年03月10日 02:00

車いす利用者がバスを降りて避難する手順も確認した=葉山町堀内
車いす利用者がバスを降りて避難する手順も確認した=葉山町堀内

 路線バス運行中に津波警報が発令されたとの想定で、京急バスと葉山町が9日、同町内と逗子市内で津波避難訓練を実施した。実際の車両を走らせ、同社社員と町職員約40人が地震や津波発生時の対応や乗客誘導の手順を確認した。

 同社によると、車両を使った訓練は初めてで、発生から7年を迎える東日本大震災の教訓を生かす狙い。県の想定で浸水予測区域に入っている県道207号を通るルートで実施した。

 バスはJR逗子駅近くの営業所を出発。大地震発生の連絡が営業所から入り、葉山マリーナ近くで停車した。津波警報が発令されると、運転士が避難経路を確認。避難場所である神社まで乗客を誘導した。体が不自由な人や車いす利用者は、乗客役同士で協力して避難をサポートした。

 同社の総務部長は「運転士の判断が鍵になる。状況に応じてどう対応できるか検証していきたい」と話した。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 【写真特集】台風15号の被害状況

  2. 【台風15号】護岸崩壊、工場に海水 数百社被災か、横浜

  3. 【台風15号】停電続いた鎌倉で支援広がる 銭湯、無料も

  4. 【台風15号】浸水の工業団地、被災750棟か 横浜

  5. JR東海道線大磯駅で男性はねられ重体 1500人に影響

  6. 動画 【台風15号】陸上自衛隊が倒木撤去、鎌倉

  7. 【台風15号】県内の建物被害、15市町村に

  8. 今季初、インフルエンザで学級閉鎖 川崎の市立小学校

  9. 【台風15号】横浜港にも爪痕 浮きドックやシーバス漂流

  10. 160人のわいせつ画像撮影、提供か 動画販売業の男逮捕