1. ホーム
  2. 社会
  3. 違い認め合おう 円滑な人間関係へ、中3が参加教室・南足柄

違い認め合おう 円滑な人間関係へ、中3が参加教室・南足柄

社会 神奈川新聞  2018年03月05日 13:19

コミュニケーションについて学ぶ生徒=南足柄中学校体育館
コミュニケーションについて学ぶ生徒=南足柄中学校体育館

 新たなステージへ前向きな気持ちで進めるよう、中学3年生を対象とした「コミュニケーション・スキルアップ教室」が2月28日、南足柄市関本の市立南足柄中学校で開かれた。市生涯学習課の主催。卒業を間近に控える約130人が「相手との違いを受け入れることが大切」といった円滑な人間関係をつくるポイントを学んだ。

 講師は、心理カウンセラーで、県生涯学習審議会委員の宇野努さん。「暑苦しい」「八方美人」など自分の性格だと思うカードを選んで行った生徒同士の自己紹介では、カードの裏側に「情熱的」「視野が広い」と記されており、「思い込みや固定観念にとらわれず、見方や捉え方を変えると違う世界が見える」とアドバイスした。

 他人が異なる考え方や習慣を持っていても「間違いではなく、違っているだけ。人と同じでなくても大丈夫」などの話に、生徒たちは熱心に耳を傾けた。参加した女子生徒(15)は「きょうの教室で、あまり話したことがなかったクラスメートとうまく話すことができてうれしかった。高校でも学んだことを役立てたい」と話していた。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング