1. ホーム
  2. 話題
  3. 海保の海上訓練、巡視船から観覧 5月、2千人招待

海保の海上訓練、巡視船から観覧 5月、2千人招待

話題 神奈川新聞  2018年03月05日 10:07

3管が行った巡視船艇・航空機の展示総合訓練=2017年5月、東京湾羽田沖
3管が行った巡視船艇・航空機の展示総合訓練=2017年5月、東京湾羽田沖

 海上保安庁は5月19、20日、創設70周年を記念した観閲式と総合訓練を東京湾羽田沖で実施する。抽選で両日計約2千人をヘリコプター搭載型巡視船の観覧に招待する。

 同庁主催の観閲式は尖閣諸島(沖縄県)周辺の領海警備の影響で2013年から中止が続いており、6年ぶり。テロ対策訓練や救助訓練などを披露する総合訓練は第3管区海上保安本部(横浜)が主催して昨年5月に5年ぶりに行った。

 今回、総合訓練を中心に準備を進める3管の大根潔本部長は23日の会見で「日ごろ国民の目が行き届きにくい当庁の業務を披露することで理解を進めたい」と語った。

 観覧者を乗せた巡視船は、両日とも正午ごろに東京港晴海埠頭(ふとう)(東京都中央区)を出航し、午後5時ごろに帰航する。申し込みは、はがきと海保公式サイトで3月23日まで受け付ける。応募方法の案内はテレホンサービス電話03(3591)9181または9183。


シェアする