1. ホーム
  2. 話題
  3. かながわ亀楽愛の写真展6日まで 横須賀

かながわ亀楽愛の写真展6日まで 横須賀

話題 神奈川新聞  2018年03月02日 16:57

三浦半島の観光名所などを題材とした作品が並ぶ会場=横須賀市文化会館
三浦半島の観光名所などを題材とした作品が並ぶ会場=横須賀市文化会館

 三浦半島を拠点に活動する写真愛好家グループ「かながわ亀楽愛(かめらあい)」(石井邦夫会長)の第17回写真展が1日から横須賀市文化会館市民ギャラリー(同市深田台)で始まった。神奈川新聞社の後援。入場無料で6日まで。

 会員29人が89点を出品。一般参加を含む県外撮影部門23点を加えた総勢112点が会場を彩っている。

 ソレイユの丘、ドブ板通りなど三浦半島の観光名所のさまざまな風景を紹介。事務局長の西垣憲明さんは「場所は同じでも季節や時間で表情は変わる。そんな視点で楽しんでほしい」と話している。

 同グループは旧神奈川報道写真連盟三浦半島支部を引き継ぎ2年前に発足。横須賀市や鎌倉市の在住者を軸に活動を続け本紙横須賀版連載「街角ショット」(毎週火曜)を担当している。

 写真展は午前10時から午後5時(6日は午後4時まで)。問い合わせは石井会長電話0467(84)7896。


シェアする