1. ホーム
  2. 社会
  3. 横浜の道路で水が噴出 バルブ閉めきらず作業か 

動画
横浜の道路で水が噴出 バルブ閉めきらず作業か 

社会 神奈川新聞  2020年02月09日 00:16

大量の水が吹き上がった現場=8日午前11時10分ごろ、横浜市旭区
大量の水が吹き上がった現場=8日午前11時10分ごろ、横浜市旭区

 8日午前9時45分ごろ、横浜市旭区都岡町の歩道で、作業中の水道管から水が噴出した。市水道局によると、高さ10メートル余りまで上がり、約1時間半後に止まった。けが人はなく、家庭の断水もなかった。近隣の2店舗で浸水した。

 同局によると、送水管の上部にある空気弁の交換中だった。管と弁をつなぐバルブを閉めるべきところ、バルブを閉めきらずに作業をしていたとみられる。

 現場の周囲には、店舗や住宅がある。近くに住む女性は「あれだけ大きな水柱を見たのは初めて。びっくりした」。犬を散歩させていた20代の男性は「あまりに驚いて、スマホで撮影するのも忘れてしまった」と話していた。


大量の水が吹き上がった現場=8日午前11時10分ごろ、横浜市旭区
大量の水が吹き上がった現場=8日午前11時10分ごろ、横浜市旭区

シェアする