1. ホーム
  2. 話題
  3. 子ども100人が歌声披露 伊勢原で9日音楽祭

子ども100人が歌声披露 伊勢原で9日音楽祭

話題 神奈川新聞  2020年02月08日 10:25

昨年の音楽祭の様子=伊勢原市田中の市民文化会館(同市提供)
昨年の音楽祭の様子=伊勢原市田中の市民文化会館(同市提供)

 伊勢原市少年少女音楽祭合唱団が歌声を披露する「第8回市少年少女音楽祭」が9日、同市田中の市民文化会館大ホールで開かれる。今年は市内を中心に園児と小学生約100人が参加。多くの人に聴いてもらおうと、今年は入場無料とする。

 市内外在住の若手の音楽家などで構成するプロオーケストラ「伊勢原ユースシンフォニエッタ」の演奏で、「気球に乗ってどこまでも」や童謡「おぼろ月夜」など約30曲を歌い上げる。

 公募で集まった子どもたちは、公演のために5月から約20回の練習を続けてきた。「子どもたちの澄んだ歌声に、来場者から『心が洗われる思いがする』との感想が毎年寄せられている」と話す主催の市民文化会館事業協会は、「無料にするので、一人でも多くの方に聴いてほしい」と呼び掛けている。午後2時開演。問い合わせは、同協会電話0463(92)2300。


シェアする