1. ホーム
  2. 話題
  3. 山岳救助隊が救助訓練 秦野署

山岳救助隊が救助訓練 秦野署

話題 神奈川新聞  2018年02月28日 02:00

秦野署の壁を使い担架とともに降下する山岳救助隊員
秦野署の壁を使い担架とともに降下する山岳救助隊員

 秦野署で27日、武道大会が行われ、署員でつくる山岳救助隊が救助訓練を披露した。山岳遭難でけが人が出たという想定で隊員が署の訓練用の壁を使い、15メートルの高さから担架とともに降下した。

 同署は駐在所の7人を中心に山岳救助隊を結成。丹沢を抱えるため、警察学校を卒業直後に配属された新人署員は男女ともロープを使った懸垂降下の技術習得が義務付けられているという。

 近年の登山ブームのため、2017年の山岳遭難出動件数は37件と前年比で9件増えた。死者も2人で、同1人増だった。隊員歴10年の巡査部長(39)は「迅速な救出と隊員が二次遭難に遭わないように心がけている」と話していた。

 同署は毎年、1月に武道始式を行っているが、今年は市長選があったため遅らせて武道大会として実施した。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 複数の女子高生と同時に性行為 男を逮捕

  8. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  9. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  10. 【写真特集】台風15号の被害状況