1. ホーム
  2. 社会
  3. 【ひとすじ】夢は闘う理学療法士 

プロレスラー・大原はじめ
【ひとすじ】夢は闘う理学療法士 

社会 神奈川新聞  2018年02月27日 10:02

一回り以上も年下の生徒たちと授業を受ける大原選手(中央)=川崎市中原区の市立橘高校
一回り以上も年下の生徒たちと授業を受ける大原選手(中央)=川崎市中原区の市立橘高校

 全国各地のリングを飛び回りながら、昨春から川崎市立高校の定時制で勉強に励むレスラーがいる。プロレス団体「プロレスリング・ノア」に所属する、大原はじめ、33歳。夢は闘う理学療法士になること、そして、もうひとつ、自分の生き様を通し、人生には無限の可能性があることを若者たちに伝えることだ。

 川崎市中原区にある市立橘高校の教室。少し窮屈そうにしながら174センチ、90キロの鍛え上げられた肉体を机に収める大原がいた。

 平日の午前中はトレーニングに明け暮れ、夕方からは眼鏡をかけ、ファンから差し入れでもらったという学習ノートを開く。週末は一番輝ける場所であるリングへ。

 コーナーポストに上り、空中を飛ぶ。突進してくる相手をジャンプして飛び越え、タックルする。自分よりも大きなレスラーを持ち上げてリングにたたきつける。息もつかせぬ技の応酬で喝采をもらう。

 担任教諭の山上辰朗は、その真面目な学習態度に目を細める。「努力すれば、できるっていうことを証明してくれている。若い子たちのお手本」。この前のテストでは6教科中5教科で100点満点を取った。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする