1. ホーム
  2. 社会
  3. 厚木乳児揺さぶり死 医師が「暴力的」可能性指摘

厚木乳児揺さぶり死 医師が「暴力的」可能性指摘

社会 神奈川新聞  2020年02月06日 05:00

厚木市内のアパートで生後1カ月の男児が揺さぶられて頭部に重傷を負い半年後に死亡した事件で、傷害罪に問われた父親の被告(27)の第2回公判が、横浜地裁小田原支部(西野牧子裁判官)であった。男児の検査を担当した医師が検察側の証人として出廷し、暴力的な揺さぶりがあった可能性を指摘した。 証人尋問で医師...

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする