1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 川崎旧民進系が政治団体 統一選へ勢力維持

川崎旧民進系が政治団体 統一選へ勢力維持

政治行政 神奈川新聞  2018年02月21日 02:00

 川崎市内の旧民進勢力の国会、県議会、市議会議員が新たな政治団体を設立することが20日、分かった。国政の民進党分裂に左右されずに、市議会や地方政治でまとまった勢力を維持する目的で活動していく。

 メンバーは、昨秋の民進党分裂以前に定期的に集まっていた「民進党川崎市総支部協議会」の議員ら。21日にも県選挙管理委員会に団体設立を届け出る。

 代表に希望の党の笠浩史氏(衆院9区)、幹事長に民進みらい市議団の織田勝久氏を選出。副代表に滝田孝徳県議、山田益男市議が就く。来春の統一地方選に向け、川崎の政策課題や選挙区情勢などを話し合う。

 民進みらい市議団は、立憲民主党や民進党、無所属などに分かれて選挙戦を迎える可能性もあるが、新たな政治団体を通じ候補者の乱立を抑え、市政の政策で一致している現会派勢力の維持と拡大を目指す。

 笠氏は20日夜、麻生区で開いた新春の集いで「中央の政界に影響されず、民進党時代に一緒に取り組んできた仲間が全員当選できるよう、また地域の政策を進めていけるよう政治団体をつくる」と表明。民進党県連幹事長も務める雨笠裕治市議は「自民党に対峙(たいじ)する大きなくくりをつくることができた」と述べた。


シェアする