1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 狭き門へ活躍誓う 川崎の即戦力、期待の五輪世代

狭き門へ活躍誓う 川崎の即戦力、期待の五輪世代

スポーツ 神奈川新聞  2020年02月05日 05:00

 今季J1川崎に加わった8人の新顔の中で即戦力として期待されるのが、東京五輪世代のMF三笘薫とFW旗手怜央だ。原則23歳以下の五輪代表は最大3人のオーバーエージ(OA)枠を含めて18人の狭き門。半年後に迫った夢舞台を目標に定める両アタッカーは「フロンターレで活躍する以外に道はない」と強い覚悟でルーキーイヤーに臨んでいる。

FW旗手「結果残せば可能性」
MF三笘「相手の脅威になる」


高い技術とシュートセンスを持つ旗手
高い技術とシュートセンスを持つ旗手

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする