1. ホーム
  2. 話題
  3. 三浦市民マラソンで「山の神」も応援

三浦市民マラソンで「山の神」も応援

話題 神奈川新聞  2018年02月18日 15:52

神野大地さん(左)と右代啓祐さん
神野大地さん(左)と右代啓祐さん

 潮風を受けながら走る「第36回三浦国際市民マラソン」が3月4日、三浦海岸を発着点に開かれる。箱根駅伝で活躍した神野大地さんと十種競技でロンドン・リオデジャネイロ五輪に出場した右代啓祐さんらをスペシャルゲストとして招待。2人はレースには参加せず、ランナーを応援するなどして大会を盛り上げる。

 神野さんは青山学院大学時代の2015年、箱根駅伝の山上りの5区で快走し「山の神」と呼ばれた。レース後は神野さんと右代さんによるサイン会や握手会が行われる予定。

 スタート・ゴール地点となる三浦海岸には出店が並ぶ。三浦商工会議所青年部が考案したマグロ尾の身を具材に使ったスコッチエッグ風の「まぐまぐの実」などが販売される。乗馬体験ができるコーナーも設けられる。

 大会は5キロ、ハーフ、キッズビーチランの3種目に分けて実施。計1万3840人がエントリーし、受け付けは昨年12月で終了している。問い合わせは、同マラソン事務局電話046(882)1120。


シェアする