1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 民進県連の地方議員5人、立民へ さらに複数人離党検討

民進県連の地方議員5人、立民へ さらに複数人離党検討

政治行政 神奈川新聞  2018年02月09日 14:15

 民進党所属の県内地方議員5人が離党し、立憲民主党に参加することが8日、分かった。民進県連幹部は、3月の立民県連設立大会までに合流者がこれ以上増えることはないと説明。ただ、民進内ではさらに複数の議員が離党を検討しており、今後の流出の動きは見通せない。

 5人の離党届は、同日夜の県連常任幹事会で受理した。会合後、雨笠裕治幹事長は「これ以上自民党にイニシアチブを取られないため、会派は絶対に割らない」と述べ、各地方議会が同一歩調を取ることが望ましいとの考えを示した。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 横須賀市内で5900軒停電

  2. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  3. ブルーライン延伸、有力ルート案に市民意見募集へ 川崎市

  4. サーファー男性が溺れて死ぬ 鵠沼海岸

  5. IR考 誘致6割超が反対「カジノ、そぐわない」 横浜で市民調査

  6. どうなる介護福祉士待遇改善 10月から新加算スタート

  7. 【写真特集】台風15号の被害状況

  8. ロマンスカーにはねられ、女性死亡 厚木市内の踏切

  9. 大磯駅前整備、区域を拡大 東側に広場、23日説明会実施

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会