1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 民進・牧山氏、パレスチナ自治政府外交顧問と会談

民進・牧山氏、パレスチナ自治政府外交顧問と会談

政治行政 神奈川新聞  2018年02月03日 17:09

 民進党の牧山弘恵氏(参院神奈川選挙区)は1日夕、パレスチナ自治政府の元外相で現在は外交顧問を務め、来日中のナビル・シャアス氏と都内で会談した。トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認定したことを巡り、パレスチナ側の意向を確認。牧山氏は会談後の取材に「トランプ大統領の対応には懸念を感じざるを得ない。日本政府は米国や国際社会に対し、きちんと懸念を表明するべきだ」と述べた。

 牧山氏によると、シャアス氏はこれまでの和平交渉に代わる新たな枠組みの必要性を強調し、「日本も重要な役割を果たしてほしい」と訴えたという。

 牧山氏は同党の元国際局長で、昨年7月にはパレスチナを訪れてシャアス氏と面会した縁から、今回の会談が実現した。


シェアする