1. ホーム
  2. 社会
  3. 14歳、大人への決意 愛川町で「立志式」

14歳、大人への決意 愛川町で「立志式」

社会 神奈川新聞  2018年02月03日 11:32

十四歳立志式に出席し、合唱を披露する愛川町の中学生ら=愛川町角田
十四歳立志式に出席し、合唱を披露する愛川町の中学生ら=愛川町角田

 「人の気持ちを考えられる大人になりたい」「育ててくれた親に恩返しできるようになりたい」-。愛川町の中学2年生が大勢の前で将来への誓いを立てる「十四歳立志式」が2日、同町角田の町文化会館で開かれた。50回の節目となった今年は町立全中学校3校の計約340人が一堂に集い、思い描く将来や自分の目標を発表した。

 式は、古来の儀式で大人になったことを示す「元服式」にちなむ。自分の進むべき道を考える機会にしてもらおうと、中学校の最高学年を目前にした2年生の生徒らを対象に受け継いできた伝統行事だ。生徒らは学校ごとに誓いを発表したり、感謝や決意を込めた合唱を披露したりした。

 参加した愛川中原中学校2年生の生徒(14)は「皆一人一人が目標を立てていて自分も頑張ろうと思った」と思いを新たにしていた。小野澤豊町長は「愛川町に住んでいることに誇りを持って、家族や友達を大切にしながら歩んでいってほしい」と呼び掛けた。 


シェアする