1. ホーム
  2. 話題
  3. 山間部で積雪、芦ノ湖周辺6・5センチ 27日夕方からも

山間部で積雪、芦ノ湖周辺6・5センチ 27日夕方からも

話題 神奈川新聞  2020年01月26日 19:00

箱根町強羅の雪景色=26日正午ごろ(温泉旅館「円かの杜」提供)
箱根町強羅の雪景色=26日正午ごろ(温泉旅館「円かの杜」提供)

 関東南岸に停滞する前線の影響で、県内では26日早朝から山間部を中心に雪が降り、箱根町の芦ノ湖周辺では最大で6・5センチの積雪が観測された。午後になって雪はやんだものの、横浜地方気象台は27日夕方から28日にかけて、県西部の山間部で再び降雪を予報している。

 箱根町消防本部によると、26日正午ごろの積雪は、宮ノ下で3・5センチ、仙石原で6・0センチ、芦ノ湖に近い元箱根で6・5センチだった。

 同気象台によると、前線と上空の寒気の影響により、小田原や横浜では27日夕方以降気温が3度程度まで下がる見通しで、標高の高い山沿いの地域で再び雪が降る可能性がある。


シェアする