1. ホーム
  2. 話題
  3. 横浜線開業111年でスタンプラリー JR東

横浜線開業111年でスタンプラリー JR東

話題 神奈川新聞  2020年01月25日 05:00

スタンプラリーの台紙(JR東日本横浜支社提供)
スタンプラリーの台紙(JR東日本横浜支社提供)

 JR東日本横浜支社(横浜市西区)は25日から、横浜線と相模線沿線の魅力を発見してもらおうと、スタンプラリーをスタートする。計7駅で1種類ずつスタンプを重ねて捺(お)すと1枚のイラストが完成するよう趣向を凝らしている。3月1日まで。

 昨年9月の横浜線の開業111周年を記念し、沿線で勤務する社員が企画した。1908年に私鉄「横浜鉄道」として開業した当時から残る東神奈川駅(同市神奈川区)から、橋本駅(相模原市緑区)で乗り入れをしている相模線の海老名駅(海老名市)までの7駅にスタンプを用意。スタンプ台では社員のお薦めスポットも紹介している。完成したイラストを東神奈川、町田、橋本の各駅にあるコンビニエンスストア「ニューデイズ」で見せると、オリジナルのクリアファイルをもらえる(数量限定)。

 スタンプは午前9時半から午後4時まで設置。台紙は両線の主要駅に用意されている。詳細は町田駅内の事務局まで。


シェアする