1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 予定地が浸水想定区域…二宮町新庁舎計画案、白紙に

予定地が浸水想定区域…二宮町新庁舎計画案、白紙に

政治行政 神奈川新聞  2020年01月25日 05:00

二宮町役場
二宮町役場

 二宮町が2023年度の移転を目指している新庁舎計画を巡り、同町が当初の建設予定地を見直し、基本計画案を白紙とする方針を固めたことが24日、分かった。移転候補地が県作成の「洪水浸水想定区域」に含まれ、現行計画で町民理解を得るのは困難な情勢に。町は計画の仕切り直しを迫られることになった。

 町は昨年6月に基本構想・基本計画案を作成し、町生涯学習センター「ラディアン」に隣接する町営第1駐車場に3階建て延べ床面積約4千~4400平方メートルの新庁舎を建設する方針を表明していた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする