1. ホーム
  2. 話題
  3. 月々1万円からできる年金対策 JA共済「ライフロード」

「増えるかもしれない貯金箱」
月々1万円からできる年金対策 JA共済「ライフロード」

話題 神奈川新聞  2020年02月18日 00:00

 「老後2,000万円」問題、という刺激的な言葉のもと、年金以外の資産形成を呼びかけるニュースが飛び交っていますが、「投資」にはリスクがつきもの。今のままでは不安、けれども投資をするのも不安・・・そんな皆様に少額を積み立てながら年金額の増加が期待できるJA共済の予定利率変動型年金共済「ライフロード」のご案内です。

資料請求はこちらから

 JA共済の予定利率変動型年金共済「ライフロード」は、毎月の積立額を将来に備えて確保しつつ、契約後、6年目以降、毎年予定利率を見直す予定利率変動型の年金共済です。下記の例では、60歳まで積み立て続けなければなりませんが、5年目まで0.5%、6年目からは最低保証利率0.75%の利率で上乗せされ、1年ごとに見直される予定利率との差の分がそこに上乗せされます(2019年度に適用される予定利率は1.47%)。



 いわば、「60歳まで開けられないけれど、開けたら増えているかもしれない貯金箱」というわけです。予定利率は経済状況とある程度連動しますのでインフレリスクに強く、長い積立期間に置き去りにされることもありません。また、所定の条件を満たせば個人年金保険料控除による節税効果も期待できます。

 将来不安を解消したいあなた。まずは資料請求を。

資料請求はこちらから

※この資料は概要を説明したものです。詳細につきましては「重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)」および「ご契約のしおり・約款」を必ずご覧ください。詳しくはお近くのJA(または担当者)にお問い合わせください。

(提供:全国共済農業協同組合連合会 神奈川県本部(19149990082))


シェアする