1. ホーム
  2. 話題
  3. 日本丸を火災から守れ 重文指定で初訓練

日本丸を火災から守れ 重文指定で初訓練

話題 神奈川新聞  2018年01月27日 02:00

文化財防火デーに合わせた訓練に取り組む参加者=日本丸メモリアルパーク
文化財防火デーに合わせた訓練に取り組む参加者=日本丸メモリアルパーク

 横浜・みなとみらい21(MM21)地区で保存公開されている帆船日本丸で26日、文化財防火デー(同日)に合わせた防災訓練が行われた。昨年9月15日に国の重要文化財に指定されたことから、帆船日本丸記念財団と横浜市消防局が連携して初めて実施した。

 訓練は財団職員ら36人が参加。船内で火災が発生したと想定し、船内で見学していた乗客役を日本丸メモリアルパークまで避難誘導した。

 市消防局は「船内は狭く入り組んでおり、急な階段もある。万一に備え、日ごろから訓練を重ねてほしい」と講評。同財団の金近忠彦会長は「横浜に誘致し保存公開を始めた1985年から市民が大切に守り続け、今は国の貴重な文化財となった。火災を起こさない、起こさせない。これからも大切に守ってゆく」と決意を新たにしていた。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 複数の女子高生と同時に性行為 男を逮捕

  8. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  9. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  10. 【写真特集】台風15号の被害状況