1. ホーム
  2. 話題
  3. 横須賀 学校でも「カレーの日」

横須賀 学校でも「カレーの日」

話題 神奈川新聞  2018年01月27日 02:00

笑顔でカレーをほおばる子どもたち=横須賀市立浦賀小学校
笑顔でカレーをほおばる子どもたち=横須賀市立浦賀小学校

 「カレーの街」を掲げる横須賀市で26日、恒例の「全校一斉カレーの日」が実施され、全市立小学校と特別支援学校の給食でカレーが提供された。市立浦賀小学校(同市浦賀)では食品会社の社員が講師となってオリジナルカレースパイス作りが行われ、子どもたちが楽しみながらカレーについて学んだ。

 全校一斉カレーの日は、市や横須賀商工会議所などでつくる「カレーの街よこすか推進委員会」と同事業者部会の主催で7回目。「カレーの日」としてPRしている金曜日に合わせ、全市立小46校と特別支援学校2校で計約2万500食が提供された。

 出されたのはアレルギーがある子どもに配慮し、小麦粉ではなく米粉を使ったカレー。浦賀小5年生のクラスでは多くの子どもたちがおかわりをし、橋本沙菜さん(11)は「おいしかった。カレーは好きで学校でも家でもよく食べる」と笑顔を見せた。

 同小では給食を前に、「ハウス食品」(東京都千代田区)の社員からカレーの歴史などを学ぶ講座が開かれ、5年生65人が出席。オリジナルスパイス作りでは、同社の商品「とんがりコーン」を袋に入れ、その中にクミン、コリアンダー、カルダモン、シナモン、ターメリック、レッドペッパーの6種類を混ぜ合わせて食べる、という実習も行われた。志保井彩芽さん(11)は「なかなかできない経験。自分の好みに合わせて味が決められて楽しかった」と話していた。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会