1. ホーム
  2. 時代の正体
  3. 〈時代の正体〉北綱島支援校分校案、反対意見なく 市教委臨時会審議、市会提案へ

〈時代の正体〉北綱島支援校分校案、反対意見なく 市教委臨時会審議、市会提案へ

時代の正体 神奈川新聞  2018年01月26日 21:34

横浜市教育委員会臨時会の審議に臨む岡田教育長ら(右)=横浜市中区
横浜市教育委員会臨時会の審議に臨む岡田教育長ら(右)=横浜市中区

 【時代の正体取材班=成田 洋樹】横浜市教育委員会は26日、臨時会を開き、市立北綱島特別支援学校(港北区)を2019年度から市立上菅田特別支援学校(保土ケ谷区)の分校に移行する案について審議した。委員から目立った反対意見は出なかった。31日開会の市会定例会に提案される。

 市教委は分校案について「現時点で保護者の理解を得るのは難しいが、今後も教育環境の維持に努めることで信頼を得ていきたい」と述べた。

 市立肢体不自由特別支援学校の再編計画は2年ほど前に公表され、北綱島は18年度末で閉校とされた。臨時会では、その際に保護者への説明が不十分だったことをただす意見が上がった。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする