1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 社民県連合が新春の集い 党存続に期待の声も

社民県連合が新春の集い 党存続に期待の声も

政治行政 神奈川新聞  2020年01月23日 05:00

社民党県連合は22日夜、横浜市内で新春の集いを開き、福島瑞穂副党首(参院全国比例)は「今国会にはIR疑獄と桜を見る会の問題がある。桜が散る前に安倍政権に退陣してもらおう」と訴えた。立憲民主党が提案している政党合流に関しては、出席者から党存続に期待の声が上がった。 あいさつで、福島氏は「新自由主義...

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする