1. ホーム
  2. 社会
  3. ヘイトデモ妨害巡る訴訟 被告側「市民と共謀ない」 地裁

ヘイトデモ妨害巡る訴訟 被告側「市民と共謀ない」 地裁

社会 神奈川新聞  2020年01月22日 05:00

閉廷後に記者会見する神原弁護士(左から3人目)と弁護団=川崎市川崎区
閉廷後に記者会見する神原弁護士(左から3人目)と弁護団=川崎市川崎区

 川崎市内で「日本浄化デモ」を計画した同市在住の津崎尚道氏ら4人が、市民の妨害を受けたためデモの中止を余儀なくされ表現の自由を侵害されたとして、市民と共謀したとする神原元弁護士に計440万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が21日、横浜地裁川崎支部(飯塚宏裁判長)であった。神原弁護士側は「共謀の事実はなく、デモの中止もヘイトスピーチに反発する市民の抗議を受けた原告が自らの意思で決めたもの」として請求棄却を求め、争う姿勢を示した。

 訴えによると、デモ行進は2016年6月5日、同市中原区で計画された。神原弁護士は数百人の市民と共謀し、「ヘイトデモ中止」「帰れ」と唱和するなど集団示威運動を続け、デモを中止に追いやった、としている。

 この日の口頭弁論では双方が意見陳述を行い、津崎氏側は「川崎でのデモは『反日』に対する怒りのカウンター。歴史認識や政治的言論は言論の自由として保障されなければならない」と主張。対する神原弁護士側は津崎氏のデモで発せられた「日本からたたき出せ」「敵をぶち殺せというのは当たり前」といったヘイトスピーチを示した上で「明白なヘイトデモ。原告らが今すべきは嫌がらせの訴訟ではなく、在日コリアン市民に謝罪し、二度とヘイトデモを行わないと約束することだ」と反論した。

 津崎氏はこれまで、同市内で在日コリアンの殺害などを宣言するヘイトデモを14回主催してきた。

149人の大弁護団 異様さ物語る

 総勢149人という被告側大弁護団がこの訴訟の異様さを物語っていた。法廷の冒頭からしてそうだった。デモの現場で見守り活動に当たっていた神原元弁護士が一体いつ数百人の市民と妨害を共謀したかを問われた原告側代理人の江頭節子弁護士は「遅くとも現場で」と述べるだけで根拠を示せなかった。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする