1. ホーム
  2. 経済
  3. 京急ミュージアム、MMに開業 昭和期の実車展示

京急ミュージアム、MMに開業 昭和期の実車展示

経済 神奈川新聞  2020年01月21日 19:05

横浜・みなとみらい(MM)地区の京浜急行電鉄本社1階に「京急ミュージアム」がオープン。昭和期を彩った名車両「デハ230形・デハ236号」や沿線風景を再現した巨大ジオラマが展示されている=横浜市西区の京急ミュージアム
横浜・みなとみらい(MM)地区の京浜急行電鉄本社1階に「京急ミュージアム」がオープン。昭和期を彩った名車両「デハ230形・デハ236号」や沿線風景を再現した巨大ジオラマが展示されている=横浜市西区の京急ミュージアム

 横浜・みなとみらい21(MM21)地区の京浜急行電鉄本社1階に21日、企業博物館「京急ミュージアム」がオ-プンした。昭和期を駆け抜けた車両の実物や沿線風景を模した巨大ジオラマを展示。運転シミュレーターなど体験型コンテンツも用意した。

 展示車両は、京急の前身の一つである湘南電気鉄道が1929年に製造した「デハ230形・デハ236号」。78年に引退した後は屋外に置かれていたため車体が傷んでいたが、2年に及ぶ修復作業で輝きを取り戻した。


軽妙なトークで会場を沸かせた中川家礼二さん=横浜市西区の京急ミュージアム
軽妙なトークで会場を沸かせた中川家礼二さん=横浜市西区の京急ミュージアム

 幅約12メートルのジオラマは、品川から三浦半島に至る沿線を再現。俯瞰(ふかん)するだけでなく、鉄道模型に取り付けたカメラの視点からも街並みを眺められる。本物の運転席と映像を使ったシミュレーターでは、停車や加減速といった操作ができる。

 記念式典には、鉄道好きのお笑いコンビ中川家の礼二さんが出席。「全国の鉄道ファンが楽しめる夢のような施設」と門出を祝い、原田一之社長は「子どもの笑い声が響き渡るミュージアムにしたい」と抱負を述べた。

 施設に一番乗りした東京都稲城市の会社員太田翔太さん(30)は「2時間半前に到着し、『デハ』を間近で見るのを待ちわびていた」と目を輝かせた。

 入館無料で一部コーナーは有料。午前10時から午後5時。火曜休館。2月24日までの入館申し込みは終了。土日祝日、春休みなどは要事前申し込み。


京急沿線の風景を再現した巨大ジオラマ=横浜市西区の京急ミュージアム
京急沿線の風景を再現した巨大ジオラマ=横浜市西区の京急ミュージアム

中川家礼二さんらのサイン入りヘッドマークが掲げられたデハ230形・デハ236号。右奥には巨大ジオラマが広がる=横浜市西区の京急ミュージアム
中川家礼二さんらのサイン入りヘッドマークが掲げられたデハ230形・デハ236号。右奥には巨大ジオラマが広がる=横浜市西区の京急ミュージアム

横浜・みなとみらい(MM)地区の京浜急行電鉄本社1階に「京急ミュージアム」がオープン。昭和期を彩った名車両「デハ230形・デハ236号」や沿線風景を再現した巨大ジオラマが展示されている=横浜市西区の京急ミュージアム
横浜・みなとみらい(MM)地区の京浜急行電鉄本社1階に「京急ミュージアム」がオープン。昭和期を彩った名車両「デハ230形・デハ236号」や沿線風景を再現した巨大ジオラマが展示されている=横浜市西区の京急ミュージアム

京急ミュージアムの開業記念式典に出席した原田一之社長(左から3人目)と中川家の礼二さん(同2人目)ら=横浜市西区
京急ミュージアムの開業記念式典に出席した原田一之社長(左から3人目)と中川家の礼二さん(同2人目)ら=横浜市西区

シェアする