1. ホーム
  2. 時代の正体
  3. 〈時代の正体〉保護者の理解得られず 北綱島支援校分校案

〈時代の正体〉保護者の理解得られず 北綱島支援校分校案

時代の正体 神奈川新聞  2018年01月21日 22:07

横浜市教委が分校案について理解を求めた説明会=21日、市立北綱島特別支援学校
横浜市教委が分校案について理解を求めた説明会=21日、市立北綱島特別支援学校

強硬姿勢崩さぬ市教委


 【時代の正体取材班=成田 洋樹】横浜市立北綱島特別支援学校(同市港北区)を2019年度から分校に移行する案について、市教育委員会による保護者説明会が21日に同校で開かれた。3回目となった説明会は保護者側の理解が得られないまま終了。市教委は26日の臨時会で関連条例改正案を審議し、31日開会の市会定例会に提案する構えを崩していない。

 各説明会で、市教委は保護者らの不安解消を名目に17年度中に一定の方向性を決めたいとして分校案を提案。これに対し、保護者からは「いまの学校とほとんど変わらない教育水準を維持するのであれば、なぜ分校にする必要があるのか」との意見が相次いだ。同校の閉校計画が明らかになったのは15年9月だが、同校を巡る計画が二転三転する中で「納得できる説明が乏しい」との不信感が根強い。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする