1. ホーム
  2. 話題
  3. 空から三浦半島を眺めてみよう 京急、2月にイベント

空から三浦半島を眺めてみよう 京急、2月にイベント

話題 神奈川新聞  2020年01月19日 12:00

三浦半島上空を遊覧するヘリコプター(イメージ)
三浦半島上空を遊覧するヘリコプター(イメージ)

 京浜急行電鉄(横浜市西区)は、ヘリコプターでの観光サービスを手掛けるAirX(東京都)と提携し、次世代交通網を見据えた実証実験として地上約600メートルから三浦半島を眺めるイベントを展開する。京急がスタートアップ企業と取り組む事業創出プログラムの一環。

 三浦半島上空を遊覧するプランと、東京から三浦へ飛行するコースの2種を設定。遊覧プランは2月13日に実施し、三浦・油壺を飛び立ち、横須賀の浦賀や観音崎、葉山の上空を約20分かけて巡る。参加費無料で、2~3人を3組と、愛犬連れの1組を募集する。

 東京・新木場を出発するツアーは同27~28日に行う。葉山マリーナでのクルージングとランチ、豪華キャンプ「グランピング」の宿泊を組み込んで2~3人を募る。費用は1人3万円。

 いずれも参加は年齢不問。特設サイトからの申し込みで、今月26日締め切り(応募多数の場合抽選)。


シェアする