1. ホーム
  2. 社会
  3. 自然災害のリスク「自分事」に 平塚で防災講演会

自然災害のリスク「自分事」に 平塚で防災講演会

社会 神奈川新聞  2020年01月19日 05:00

講演で風水害への備えを呼び掛ける高橋さん
講演で風水害への備えを呼び掛ける高橋さん

 昨秋の台風19号を教訓に風水害への備えを考える防災講演会が18日、平塚市追分の市中央公民館で開かれた。記録的豪雨がもたらした被害状況を振り返り、避難の在り方などを検証。命を脅かす自然災害のリスクを「自分事」として捉える大切さを共有した。

 昨年10月、県内各地に甚大な被害を出した台風19号。同市内では床上・床下浸水や建物損壊、相模川の河川敷水没といった被害が相次いだ。城山ダムの緊急放流などを受けた警戒レベル4の避難指示(緊急)も発令され、延べ5千人超が避難所に身を寄せた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする