1. ホーム
  2. 社会
  3. 南アルプスの自然壊すな リニア建設反対でシンポ

南アルプスの自然壊すな リニア建設反対でシンポ

社会 神奈川新聞  2020年01月18日 05:00

山梨リニア実験線で、試験走行する新型車両L0系=山梨県都留市(2014年)
山梨リニア実験線で、試験走行する新型車両L0系=山梨県都留市(2014年)

 JR東海が進めるリニア中央新幹線の建設に反対する市民団体が19日、川崎市麻生区の麻生市民館でシンポジウムを開く。地震や地盤などの専門家らを招き、地下水脈や南アルプスの自然環境が破壊される危険性について意見を交わす。

 シンポジウムを主催するのは、リニア新幹線沿線住民ネットワークとストップ・リニア訴訟原告団。原告団長の川村晃生・慶応大名誉教授、弁護士の五十嵐敬喜・法政大名誉教授らがパネリストとして登壇する。

 JR東海は2027年に品川―名古屋間の先行開業を目指し、各地で工事を推進。しかし山梨、静岡、長野の3県にまたがる南アルプスを貫くトンネルの掘削工事については、湧水が静岡県を流れる大井川の水量減少を招くとの懸念が強く、同県は着工を認めていない。

 また、長野県内では大量に出る残土の行き先がほとんど決まっておらず、現在、リニア開業のめどは不透明となっている。シンポジウムはこうした問題に関する知識を深め、工事の中止を求めるために企画された。

 午後2時から。資料代500円。問い合わせは、同ネットワーク共同代表・天野捷一さん電話090(3910)8173。


シェアする