1. ホーム
  2. 社会
  3. 差別許す社会に憤り 映画「やさしくなあに」監督ら

優しさって何だろう
差別許す社会に憤り 映画「やさしくなあに」監督ら

社会 神奈川新聞  2018年01月17日 11:00

映画「やさしくなあに」の上映後、インタビューに応じる伊勢監督(右)と西村信子さん=2017年12月、シネマ・ジャック&ベティ
映画「やさしくなあに」の上映後、インタビューに応じる伊勢監督(右)と西村信子さん=2017年12月、シネマ・ジャック&ベティ

 相模原市緑区の障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者ら45人が殺傷された事件は、障害者の存在を否定する差別思想が犯行の動機とされる。伊勢真一監督(68)は、標的にされた障害者だけでなく、ホームレスなどの貧困者や在日外国人といった社会的弱者に向けた差別的・攻撃的な言動を許す今の社会風潮に強い憤りを覚える。障害がある女性と家族の日常を描いたドキュメンタリー映画「やさしくなあに~奈緒ちゃんと家族の35年~」(2017年)を通して投げ掛ける。優しさって何だろう-。

 伊勢監督は、

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする