1. ホーム
  2. 社会
  3. 18日朝にかけ雪の見込み 西部山地で8センチ、平地でも

18日朝にかけ雪の見込み 西部山地で8センチ、平地でも

社会 神奈川新聞  2020年01月17日 13:54

 横浜地方気象台は17日、雪に関する気象情報を発表した。神奈川県内は同日夜から18日朝にかけて雪や雨となり、西部の山地(標高500メートル以上)では8センチの降雪を予想。平地でも雪が降るとみて、路面の凍結や交通への影響などに注意を呼び掛けている。

 気象台によると、日本の南にある発達中の低気圧が18日にかけて伊豆諸島付近を通過する見込み。関東甲信地方の上空約1500メートルには、氷点下6度前後の寒気が流れ込むという。

 このため神奈川県西部の山地は雪となり、18日正午までに8センチの降雪を予想。西部の平地で3センチを見込んでいる。東部も雪の降る所があり、「予想より気温が低くなった場合には大雪となり、東部も積雪の可能性がある」としている。


シェアする