1. ホーム
  2. 経済
  3. 景況感が過去最高を更新 2017年12月の県内景気動向調査

景況感が過去最高を更新 2017年12月の県内景気動向調査

経済 神奈川新聞  2018年01月16日 02:00

 帝国データバンク横浜支店が15日発表した2017年12月の県内景気動向調査によると、企業の景況感を示す景気DIは前月比1・8ポイント増の52・8となった。2カ月ぶりで改善し、2002年5月の調査開始以来、過去最高を更新した。大企業、中小企業とも改善した。

 8業界のうち、建設(54・1)が前月と横ばいだったが、他の7業界は改善した。金融が5・6ポイント増の66・7と大きく改善したほか、不動産が2カ月連続で上昇し、3・4ポイント増の54・4。卸売は、2・4ポイント増の50・8となり、50ポイント台になった。

 規模別では、大企業が0・8ポイント増の52・9となったほか、中小企業も2・0ポイント増と伸び、52・8に。大企業と中小企業の規模間格差は、0・1ポイントまで縮小した。

 「納期を守るため年末年始も工場をフル稼働する」(機械製造)や「受注が積み上がっている」(鉄鋼・非鉄・鉱業)と、生産や販売状況の好調さをうかがわせる声が多かったという。一方で、「人件費が上昇し、忙しい割に利益が出ない」(ビルメンテナンス)や「人手不足で受注を見送る例が増えてきた」(運輸業)などの声もあった。

 先行きの見通しは、3カ月後は1・3ポイント増の54・7だが、6カ月後は52・6、1年後は51・7と悪化する傾向を示している。同支店は「人手不足や人件費の上昇から、売り上げの伸び悩みや収益悪化を懸念する声が散見される。また、先行きを慎重にみる傾向は続いている」と話している。

 調査は1006社を対象に実施し、回答数は430社(回答率42・7%)。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 【写真特集】台風15号の被害状況

  2. 【台風15号】護岸崩壊、工場に海水 数百社被災か、横浜

  3. 【台風15号】停電続いた鎌倉で支援広がる 銭湯、無料も

  4. 【台風15号】浸水の工業団地、被災750棟か 横浜

  5. JR東海道線大磯駅で男性はねられ重体 1500人に影響

  6. 動画 【台風15号】陸上自衛隊が倒木撤去、鎌倉

  7. 【台風15号】県内の建物被害、15市町村に

  8. 今季初、インフルエンザで学級閉鎖 川崎の市立小学校

  9. 【台風15号】横浜港にも爪痕 浮きドックやシーバス漂流

  10. 160人のわいせつ画像撮影、提供か 動画販売業の男逮捕