1. ホーム
  2. 社会
  3. 両親死傷させた女 「妄想の影響」無罪主張 地裁初公判

両親死傷させた女 「妄想の影響」無罪主張 地裁初公判

社会 神奈川新聞  2020年01月17日 05:00

自宅で同居する両親を包丁で刺し死傷させたとして、傷害致死と傷害の罪に問われた無職の女の被告(54)=茅ケ崎市=の裁判員裁判の初公判が16日、横浜地裁(片山隆夫裁判長)であり、被告は起訴内容を認めた。弁護側は「当時の被告は妄想の影響を受け、刑事責任能力はなかった」と述べ、無罪を主張した。 検察側は...

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする