1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 「廃止する意向だった」 多選自粛条例巡り大和市長

「廃止する意向だった」 多選自粛条例巡り大和市長

政治行政 神奈川新聞  2020年01月17日 05:00

大和市の大木哲市長は16日の年頭会見で、議員提案によって廃止された多選自粛条例について「年度内には廃止する意向だった」と初めて明らかにした。 多選自粛条例は、市長の任期を連続3期までに努めるとする内容。昨年12月の市議会12月定例会に、町田零二氏(やまと市民クラブ)が廃止する条例案を提出し、賛成...

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする