1. ホーム
  2. 話題
  3. 県内米軍基地の動き、1年間を振り返る 相模原で上映会

県内米軍基地の動き、1年間を振り返る 相模原で上映会

話題 神奈川新聞  2020年01月15日 10:15

 県内の米軍基地の2019年の動きをスライドで振り返る上映会が18日、JR横浜線橋本駅近くの「ソレイユさがみ」(相模原市緑区)で開かれる。相模補給廠(しょう)監視団の主催。

 横浜ノースドック(横浜市神奈川区)では、艦船が頻繁に寄港して資材や装備を陸揚げし、空母艦載機が移駐した海軍の厚木基地(綾瀬、大和市)では海自機などが訓練を続けている。

 また陸軍の資材備蓄基地となっている相模総合補給廠(相模原市)や、ヘリコプターの低空飛行が目立つキャンプ座間(座間、相模原市)などの動きも映像で紹介する。

 午後5時半から。資料代として500円が必要。問い合わせは同監視団電話090(2304)0259。


シェアする