1. ホーム
  2. 社会
  3. 市議「卑劣な差別」 脅迫年賀状問題、条例理念に反する

時代の正体 差別のないまちへ
市議「卑劣な差別」 脅迫年賀状問題、条例理念に反する

社会 神奈川新聞  2020年01月15日 05:00

川崎市の多文化交流施設「市ふれあい館」に在日コリアンの殺害を宣言する脅迫はがきが届いた差別事件について、市議の一人が憤りを語った。議会の全会派が向き合うべき問題との考えから匿名を条件にしたものだが、政治家として卑劣な差別への非難を表明しなければならないとの思いがある。 同館がある川崎区桜本は地元...

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする