1. ホーム
  2. 相鉄線
  3. 年末年始乗客、前年比1.2%減 県内大手私鉄5社

年末年始乗客、前年比1.2%減 県内大手私鉄5社

相鉄線 神奈川新聞  2018年01月06日 02:00

 神奈川県内に路線を持つ大手私鉄5社(京王電鉄、小田急電鉄、東京急行電鉄、京浜急行電鉄、相模鉄道)が5日発表した年末年始(12月31日~1月3日)の定期外輸送人員の合計は、前年同期比1・2%減の977万7千人だった。気温が低かったため外出を控える傾向が続いたことや、年末年始の連休が短かったことも影響した。

 小田急は横ばいの225万4千人。残りの4社が減少した。

 昨年に引き続き輸送人員が最多だったのは東急で、283万3千人。ただ、南町田駅前の商業施設の閉店などで減少幅は4社で最も大きく2・7%減だった。

 京急は、川崎大師駅が前年同期比7・9%増と初詣客が好調だったが、全体では0・6%減の200万2千人。相鉄は0・8%減の62万5千人、京王は1・1%減の206万3千人だった。


シェアする