1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 「情熱の集結」心に秘め、〝前進〟 J1湘南

「情熱の集結」心に秘め、〝前進〟 J1湘南

スポーツ 神奈川新聞  2020年01月12日 05:00

記念写真に収まる前列左から馬渡、石原直、福田、舘、岩崎、大岩、後列左からタリク、茨田、畑、三幸、堀田の新加入選手ら=平塚市内のホテル
記念写真に収まる前列左から馬渡、石原直、福田、舘、岩崎、大岩、後列左からタリク、茨田、畑、三幸、堀田の新加入選手ら=平塚市内のホテル

 J1横浜M、川崎、湘南の県内3クラブが11日、各地で新体制発表会見を開き、新シーズンへの意気込みを語った。

 連覇を目指す横浜Mは今季初の全体練習を実施して始動。その後の会見では、就任3季目のアンジェ・ポステコグルー監督が「成功は約束できないが、ハードワークは約束する。クラブのプライドを持って戦いたい」と決意した。

 昨年4位の川崎は鬼木達監督が覇権奪回を誓い、戦力が大幅に入れ替わった湘南は浮嶋敏監督が心機一転の再スタートを強調した。

 前身の「ベルマーレ平塚」から改称して20周年。巻き返しを期すシーズンが節目と重なるチームの士気は高い。

 昨年は前監督のパワハラ問題が影響してシーズン後半に失速。浮嶋監督は「夏まで非常にいい戦いをしていたが、その後に難しい状況になった。3歩進んで3歩下がる、といった感じで」と振り返る。選手指導の在り方を問われる苦難に直面しながら、2年連続でJ1残留を果たした。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする