1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 座間市消防本部新庁舎 31日工事完了へ

座間市消防本部新庁舎 31日工事完了へ

政治行政 神奈川新聞  2018年01月04日 10:33

 米陸軍キャンプ座間(座間市)の返還地に移設する市消防本部の新庁舎(同市相武台1丁目)について、工事の完了が1月31日になる見通しとなった。開庁は2月13日、落成式は同17日を予定している。

 新庁舎は鉄筋コンクリート一部鉄骨造りで4階建て。延べ床面積は約4300平方メートルで、同本部と消防署の全5課が移転する。高層と低層の訓練棟も同時期に完成する見通し。

 2016年2月にキャンプ座間の5・4ヘクタールが返還され、このうち0・47ヘクタールを活用。同年8月に着工していた。

 同本部によると、当初、建物の完成は昨年秋の予定だったが、天候などの影響で遅れていた。


シェアする