1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 海老名駅周辺の移り変わり、ブックカバーに

海老名駅周辺の移り変わり、ブックカバーに

政治行政 神奈川新聞  2020年01月10日 10:25

過去と現在の写真をデザインし、進化する海老名駅周辺を紹介したブックカバー
過去と現在の写真をデザインし、進化する海老名駅周辺を紹介したブックカバー

 海老名市は、開発が進む海老名駅周辺の変貌を写真で見せるブックカバーを製作した。“進化するまち”をアピールするのが目的で、都内や県内の書店24店で配布している。

 水田や空き地が広がる1994年、2002年にオープンした商業施設「ビナウォーク」、15年に開業した「ららぽーと海老名」、現在の様子の写真をあしらった。併せて、市の若者定住促進事業や子育て応援情報も掲載した。

 2万200枚を製作。文庫本サイズだが、新書にも対応する。

 東京都世田谷区や相模原市、県央各市の三省堂書店、文教堂書店、未来屋書店などで入手できる。


シェアする