1. ホーム
  2. 社会
  3. 元保育士に懲役15年 女児15人への強制わいせつ 「悪質さ際立つ」

元保育士に懲役15年 女児15人への強制わいせつ 「悪質さ際立つ」

社会 神奈川新聞  2017年12月27日 12:01

横浜地裁
横浜地裁

 平塚市の無認可保育所で2015年12月、生後4カ月の男児が暴行を受け死亡した事件に関連し、預かった別の女児15人に対する強制わいせつなどの罪に問われた元保育の男(36)=横浜市戸塚区=の判決公判が26日、横浜地裁であった。深沢茂之裁判長は「犯情は誠に悪く、厳しい非難に値する」として、懲役15年(求刑懲役18年)を言い渡した。

 深沢裁判長は判決理由で、「他の保育士がいない密室の時間帯を狙い、保育士としての立場を悪用して多数回のわいせつ行為をしており、計画性や常習性は顕著で卑劣極まりない」と非難。「被害者の人格を無視し、自らの性欲を満たす玩具のように扱った悪質さは際立つ」とした。

 さらに、被告が10年に同種の事案で実刑判決を受けた前科も指摘。「保育士登録が取り消されなかったことから再び保育士として勤務した上、各犯行に及んでおり、犯罪性向は一層深化している」と量刑理由を述べた。

 判決によると、被告は15年4月から16年3月までの間、夜勤アルバイトとして勤務した平塚市と横浜市の保育所で、1~6歳の女児15人の下半身を触るなどわいせつな行為をし、携帯電話のカメラで撮影するなどした。

 男児に対する傷害致死罪の公判は分離され、来年1月22日から裁判員裁判で審理される。


シェアする