1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 海外視察費を問題視

海外視察費を問題視

政治行政 神奈川新聞  2017年12月27日 11:09

 かわさき市民オンブズマンは26日、川崎市議会で2016年度に超党派で実施した欧州とアジアの二つの海外視察を調べた結果を発表し、「要領で定めている1人当たり上限額の80万円を使い切っているのはおかしい」と主張した。

 アジア視察団の15人は10日間でベトナム、シンガポール、タイ、ラオスを回り、主に物流拠点や企業を視察。欧州視察団の14人は8日間でドイツ、スウェーデンを訪れ、福祉施設などを視察した。

 市民オンブズマンは議員アンケート結果などを紹介した上で「アジア視察は過去のベトナム視察と比べても高い」「四つ星ホテルが前提になっている」などと指摘。これに対し、市議会局は「アジア視察は4カ国を回り、広範囲に動いている」「ホテルは安全性から選んでいる」と妥当性を強調した。


シェアする