1. ホーム
  2. 話題
  3. 新東名道路がキャンバス 厚木の園児がお絵描き楽しむ

新東名道路がキャンバス 厚木の園児がお絵描き楽しむ

話題 神奈川新聞  2017年12月26日 10:50

建設中の新東名高速道路・厚木南IC付近の路面にお絵描きをする園児ら(厚木市提供)
建設中の新東名高速道路・厚木南IC付近の路面にお絵描きをする園児ら(厚木市提供)

 厚木市内に建設中の新東名高速道路の厚木南インターチェンジ(IC)でこのほど、近くの市立相川保育所に通う園児ら116人が招かれ、舗装中の路面にチョークでお絵描きを楽しんだ。園児らの思い出にしてもらおうと、中日本高速道路・厚木工事事務所が企画した。

 園児らは約1時間、路面に好きなキャラクターや花、富士山などをチョークで描いた。園児らは「道路って大きいね」「広いところでお絵描きできて楽しい」と喜んだ。

 同保育所の担当者は「子どもたちは普段、園庭で遊びながら工事の様子をこれまで見守っていたので、実際に歩けたり、お絵描きしたりできて感動していたと思う」と話した。

 園児らの絵は今後の舗装で消えてしまうため、小型無人飛行機ドローンによる空中からの記念撮影も行われた。


シェアする