1. ホーム
  2. 社会
  3. 横浜で連続不審火

横浜で連続不審火

社会 神奈川新聞  2017年12月24日 15:17

燃えた車両を調べる消防隊員や警察官ら=横浜市南区
燃えた車両を調べる消防隊員や警察官ら=横浜市南区

 24日午前2時15分から同7時25分ころにかけて、横浜市南区で、民家の敷地内に止めてあった車両や自転車などを焼く不審火4件が相次いだ。半径250メートル圏内で起きており、いずれも火の気がないことなどから、南署は連続放火の可能性もあるとみて調べている。

 同署によると、同日午前2時15分ごろ、同区永田北1丁目の木造2階建て住宅の駐車場で、ワゴン車など車両2台や木製の棚などが燃えているのを住民の女性(84)が発見し、119番通報した。

 直後の同2時20分ごろには、南西に約150メートル離れた木造2階建てアパート1室の玄関脇の壁面が燃えているのを近くに住む男性(43)が発見し通報。同3時10分ごろには、同所2丁目の木造2階建て住宅で、敷地内に止めてあった自転車と乗用車用のスペアタイヤ4本などを焼いた。

 さらに同7時25分には、同所1丁目の9階建てマンションの7階通路で、玄関脇に置いたプランターを焼いた。いずれの火災もけが人はいなかった。

 付近では10月と11月にもガレージのオートバイや駐車場の壁面などが燃える不審火が発生しており、同署が関連を調べている。


シェアする