1. ホーム
  2. 話題
  3. ロープウエーで交流復興に一役 大涌谷駅で熊本PR

箱根×阿蘇山 X’masイベント
ロープウエーで交流復興に一役 大涌谷駅で熊本PR

話題 神奈川新聞  2017年12月20日 09:48


箱根ロープウェイ(提供)
箱根ロープウェイ(提供)

 箱根ロープウェイ(小田原市城山)と、阿蘇山ロープウェーを運営する九州産交ツーリズム(熊本県熊本市)が24日、大涌谷駅構内でクリスマスイベントを催す。両社は火山活動の活発化で営業運転が休止したのを機に、人的交流などで結び付きを強めてきた。当日は熊本県のPRキャラクター「くまモン」も登場。箱根ロープウェイは「阿蘇山はまだまだ復旧に時間がかかる。力になれれば」と話している。

 阿蘇山ロープウェーは、阿蘇山の噴火警戒レベルの引き上げにより2014年8月から運休。箱根山の噴火警戒レベルの引き上げで15年5月から運休した箱根ロープウェイは翌16年7月に営業運転を再開したが、阿蘇山ロープウェーは現在も運休が続いている。

 両社の交流がスタートしたのは、ともに運休していた15年11月ごろ。「お互いに大変。何か力になれないか」と九州産交ツーリズムから呼び掛け、オリジナルグッズを双方の駅で交換販売することを始めた。今も続いているグッズの交換販売のほか、従業員研修や視察といった交流を重ねている。

 イベントは、こうした協力関係から企画された。熊本特産の食材を使った加工品を販売するほか、「くまモン体操」が披露される。現在立ち入りが禁止されている阿蘇山火口付近の見学が、来年春に約3年半ぶりに再開されることを見据え、阿蘇山や阿蘇市の紹介なども行われる。

 一方、阿蘇山ロープウェーに関しては、運行のめどは立っていない。それでも担当者は「地震も噴火もあったが、今は安心して観光できることをPRしたい。火口見学も再開されるので、阿蘇にぜひ来てもらえたら」と話している。

 イベントは午前9時半から午後3時半ごろまで。問い合わせは、箱根ロープウェイ電話0465(32)2205。


シェアする