1. ホーム
  2. 話題
  3. お年寄りの外出、児童たちが支援 横浜

お年寄りの外出、児童たちが支援 横浜

話題 神奈川新聞  2020年01月02日 11:00

 地域の高齢者の外出を支援しようと、横浜市立和泉小学校(泉区)の4年生66人が、多彩な取り組みを行っている。名付けて「ダイヤモンド・シルバー・スマイル・プロジェクト」。総合学習の時間を生かし、外出での困り事アンケート、イベント企画、ベンチの設置、安全マップの作製、シルバーカーなど福祉グッズ紹介などを次々と手掛けている。子どもたちは「高齢者にお出かけを楽しんでもらい、笑顔になってほしい」と、強い意気込みだ。

 地域にある「いずみ中央地域ケアプラザ」(地域包括支援センター)が「和泉中央お出かけプロジェクト」を始めたことを知り、応援に立ち上がった。

 ケアプラザの協力を得て、認知症サポーター養成講座や高齢者疑似体験セットを使った歩行体験などを開催してもらい、高齢者や認知症について学習。(1)外出支援ボランティア募集や安全マップの作製に取り組む「お出かけサポーターチーム」、(2)高齢者が外出したくなるイベントを考える「イベントチーム」、(3)外出の途中で休める場所を作る「ベンチチーム」、(4)ベンチなどの資金を集める「募金チーム」、(5)プロジェクトをアピールする「ロゴチーム」、(6)外出の役に立つ福祉用具を紹介する「お出かけお役立ちグッズチーム」─をつくり、活動を始めた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする