1. ホーム
  2. 話題
  3. 酒造の違い、酒粕アイスで味わって 足柄上商工会が商品化

酒造の違い、酒粕アイスで味わって 足柄上商工会が商品化

話題 神奈川新聞  2020年01月02日 05:00

酒蔵の酒粕から作ったアイスクリーム
酒蔵の酒粕から作ったアイスクリーム

 大井町に二つある酒蔵の魅力と味の違いを楽しんでもらおうと、足柄上商工会は地元団体と共同で2酒蔵の酒粕(かす)を使用したアイスクリ-ムを開発、販売している。

 町内には「井上酒造」と「石井醸造」の2酒蔵があり、今年はともに東京国税局の酒類鑑評会で主力銘柄が優等賞を受賞した。アイスの商品名はそれぞれの主力銘柄「箱根山」(井上酒造)、「曽我の誉(ほまれ)」(石井醸造)から取った。

 「箱根山」は純米大吟醸の香り高く、さっぱりとした味わい。4段仕込みで知られる「曽我の誉」はどっしりと濃厚な風味。町特産の果樹・フェイジョアなどでアイス製造の実績がある「アイス工房まつが」(南足柄市)が手掛けた。町は「広くPRして知ってもらい、将来的には『ふぇいじょああいす』とともにふるさと納税の返礼品にできれば」と話している。

 2酒蔵のアイスは1個340円(税込み)。アルコ-ル0・2%で、注意が必要。四季の里直売所(大井町柳)とアンテナショップまちの駅あしがら(小田急線新松田駅前)で購入できる。

 問い合わせは、足柄上商工会電話0465(83)3211。


シェアする