1. ホーム
  2. 社会
  3. 石油火災時の連携、合同訓練で確認 横浜海上防災基地

自衛防災組織と海保、横浜市消防
石油火災時の連携、合同訓練で確認 横浜海上防災基地

社会 神奈川新聞  2017年12月16日 13:10

自衛防災組織と海保、消防が連携した訓練=横浜海上防災基地
自衛防災組織と海保、消防が連携した訓練=横浜海上防災基地

 石油コンビナート火災を想定した訓練が12、15の両日、横浜市中区の横浜海上防災基地で行われた。京浜工場地帯の自衛防災組織と海上保安庁、市消防局の3者が初めて連携し、万一の際の対応力を高めた。

 訓練は横浜海上保安部と鶴見消防署のほか、12日は大黒神奈川共同防災センター、15日は安善町共同防災組織が参加。いずれも消防庁が主催した技能コンテストで総務大臣賞を受賞したことから、今回の連携訓練が実現した。

 50人規模で行われた15日の訓練では横浜海保の消防船「ひりゆう」が市消防局の大口径ホースを使って巨大なタンクに海水を入れ、自衛防災組織が所有する大型化学高所放水車がくみ上げて放水する流れを確認した。市消防局の消防艇「よこはま」でも同様にホースをつなぎ、連携を深めた。

 市消防局は「異なる組織が連携を図るという目的は達成できた」。横浜海保は「今後とも連携を深めていきたい」と話していた。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 複数の女子高生と同時に性行為 男を逮捕

  8. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  9. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  10. 【写真特集】台風15号の被害状況